岡山・総社で整骨院をお探しなら、いわさ整骨院

MAIL
メール
こちらから
LINE
LINEで
相談する

ねんざはどれくらいの期間様子を見ていても大丈夫?後遺症を残さない来院のタイミング

お役立ち情報20/12/13

歩いているとき、道路の段差などで足首をねんざしてしまった経験はありますか?

スポーツなど激しい動きをしているときでなければ、「ちょっとひねっただけ」と考えてしまいがちなこの状況、実は後遺症に苦しむ人がたくさんいます。

少しでも痛みが長引くようであれば、早めの治療がおすすめです。

様子見は長くても3週間まで。自然治癒しないケースもあります

骨折ではなく、「とりあえず歩ける」状態のねんざの場合、多くの方がしばらく家で様子を見られるようです。

1~2週間で痛みが完全に落ち着くようならいいのですが、違和感が残っている場合や、わずかでも3週間以上痛みが続いている場合は、すぐに治療されることをおすすめします。

痛みを放置していると後遺症が残り、足を引きずって歩くことにもなりかねません。

最初の強い痛みがましになったことで、「そのうち治るのでは?」と治療をしないでいる方もおられますが、これは危険です。

ねんざは自然治癒しないケースもあることを知っておいてください。

時間が経ったねんざは早い時期に治療した場合に比べて治りづらく、症状も和らぎにくいのが特徴。

治療に時間がかかってモチベーションが下がり、多くの方が途中でやめて後遺症を残してしまうという結果に。

可能であれば痛めてすぐ、受診されることがおすすめです。

痛めてすぐ受診したら、どれくらいで治る?

当院のねんざに対する施術は、電気・超音波・微弱電流・グラストンを組み合わせて行います。

先日来院された中学生の患者さまは、鬼ごっこをしているときに足首を痛めて内出血を起こし、足をついて歩けないほど重症でした。

少し動かしただけでも、強い痛みが出るとのこと。

痛みも強かったため、3日連続で通院されることになりました。

当院の施術で回復が見込めない場合は、骨折の恐れがあるのでレントゲンを撮っていただくことも考慮していました。

ところがグラストンと電気治療、超音波を組み合わせた施術の結果、3日で完全に痛みが消えた状態にまで回復。

開院以来、最速で治療を終えられました。

成人では、足首を外側・内側両方から痛め、腫れや内出血もあった患者さまが3,4日おきに受診。

1週間で腫れが治まり、その後1~2週間で痛みも完全に消えたケースがあります。

年齢や来院の頻度によって治るスピードに違いはあるものの、いずれも重症でありながら、早い治療で早く完治したケース。

ねんざは適切な治療を行っていれば、後遺症が残ることはほとんどありません。

ご自宅で様子を見る場合も運動は中止し、できるだけ動かさないようにしてください。

お仕事や通学、いつまでに治したいかなど、お困りごとやご希望があればご相談いただくことも可能です。

内出血の跡を早くきれいに治したい、といったご要望にもお応えしていますので、ねんざ以外のことでも気になることがあればお知らせください。

 

 

いわさ整骨院のできる施術内容はこちら

カテゴリー

タグ

いわさ整骨院は、患者様のお悩みを受け止め、
一日でも早く回復するように最善の治療を致します。

  • ひどい腰痛に悩んでいる
  • 通院しているが症状が改善しない
  • 怪我をしていて自宅から出れない
  • 家族にリハビリが必要
  • 交通事故で怪我をした
  • 土日に診療して欲しい

このようなお悩みをお持ちでしたら、お気軽にご相談下さい。当院ならきっとお役に立てると思います。

お問い合わせ・お電話はこちらから オンライン相談はこちら LINEで相談する